ながのーと : 長野ネタ中心の普通なブログ!

突如芽生えた信州愛で、長野の色々を記していきます!!(最初は観光情報がメインかも)

SILAND.JPというサイトも運営しています。 仕事に便利なエクセルやワードのテンプレートを色々作っています。 無料で使えるので、アクセスしてみて下さい。 http://siland.jp/

木曽御岳山麓・油木美林 スピリチュアルツアーで散策を終え、ロープウェイ頂上の「ジーベン」でランチ。
ケーキまでセットになっていますが、コーヒーは別になります。

IMG_0492
 続きを読む

木曽御岳山麓・油木美林 スピリチュアルツアーで、御岳神社里宮、霊神碑群の散策のあと、こもれび滝、不易の滝の散策に行きました。天候の関係上、油木美林遊歩道の散策はできなかったのですが、それは次の機会に・・・でしょうかね。

IMG_0443

入口付近はウッドチップがひかれて歩きやすくなっています。
IMG_0445

 続きを読む

先日、さわやか信州旅ネットで紹介されていた、木曽御岳山麓・油木美林 スピリチュアルツアーに参加してきました。
 
スピリチュアルという言葉に若干違和感を持って参加したのですが、油木美林の自然、霊神碑、ロープウェイ頂上(7合目付近)からの景色。いや、本当にスピリチュアルなツアーでした。

僕が参加した日は生憎の雨で行動しづらかった部分もありましたが、それでもとても良かったです。
高速道路を使っても3時間以上かかり、往復が少し大変でしたが是非また行きたいですね!今度は登山(初心者向けで)に参加したいです。

小規模なツアーでしたが、一人で漠然と観光するより、ガイドさんがついてくれた方が絶対面白いです。
そんなツアーの様子を書いていきたいと思います。

IMG_0439


続きを読む

つなごうすわ湖」のイベントに参加してきました。
 諏訪湖近辺はよく通るのですが、やはり諏訪湖の汚れというのは気になっています。

じゃ、手を繋げば何か変わるの?と問われれば、よくはわかりませんが、少なくともイベントに出たという気持ちや、少しでも関心を持つということが大切で 、そこから少しずつ足していくしかないのかな、と思います。

結果、公式サイトを見ると集まった人は3000人くらいとの事で、諏訪湖一周とはいきませんでしたが、めげずに続けて欲しいですね!

ゼロからイチにするのって一番大変で、ゼロに何をかけてもゼロ。関心のない人に何を言っても通じないので、小さくても良いからイチを作ることが大切なんだと思います。来年はボランティアとして参加しようかな・・・。 
 
IMG_0376

 続きを読む

県内アチコチに行くときに拠点となる梓川サービスエリア。
本当によく立ち寄ります。

レストラン、パン屋、コンビニ、スタバ何でも揃いますね。ちなみに以前スラックスが破れてしまい、梓川SAのコンビニでソーイングセットを買って事なきを得たなんて事もありました。

さて、梓川サービスエリアには、見るとほっこりする鳥がいます。
上り線ではライチョウが目につきますが、少し脇をみると違った形の鳥がいます。
IMG_0193



続きを読む

第一回北信州ハーフマラソン大会で同時にうまいもの市も開催されるという事で、どちらかというと「それメイン」で見に行ってきました。

僕が行ったのが10時前で、まだゴールしたランナーも殆どなく、かなりすいている状況で色々食べて来れました。やっぱり長野サイコー!!と思える「うまいもの市」でした。

 IMG_0255


続きを読む

第一回北信州ハーフマラソンがあったのですが、情報不足で開催直前まで知らず、参加はできなかったのですが、どんな感じの大会なのか北陸新幹線開通直前の飯山駅前の様子も知りたかったので、見学に行ってきました。

何気に人生初の飯山線に乗って、飯山駅に行きました。新幹線の駅は隣接しているのですが、少しだけ会場まで歩きました。

 IMG_0254


続きを読む

ちょうど見頃な時期との事で、赤そばの里を見に箕輪町の方へ行ってきました。

花は赤いじゅうたん・・・というより、ピンクという感じでしたが、想像以上に壮観でした。
色々ネットでも写真が掲載されていますが、生で見て損は無いです。(タダですし)

これ蕎麦の花なんですよね!!
 
IMG_0218
 
 続きを読む

国宝松本城。
毎年4月、7月、10月の3回公開されているようですが、太鼓門が特別公開されるという事で行ってきました。

松本城内に入るには有料となりますが、入場料無料で観ることができます。
お得な感じがしますね!!

そして、太鼓門付近に行くと「トーン、トーン」と太鼓の音が。どことなく神秘的に感じ、なにか儀式的なものが行われているのではないかと期待を胸に足を早めました。

DSC03486



続きを読む

このページのトップヘ