JR明科駅から約4km。
旧国鉄篠ノ井線廃線敷を歩き、けやきの森自然園を過ぎ、竹林が脇を更に歩いて行きます。
雪が無いとはいえ、12月中旬になろうかという時期にも竹林は青々としています。
IMG_0983



漆久保トンネル前まで来ました。  
IMG_0985

IMG_0988

漆久保トンネルです。
こちらは全長53mと短く、入口から出口が見えるので、三五山トンネルに感じた「怖さ」はありませんでした。
総煉瓦造りで明科で焼かれた煉瓦が使われているとの事です。
IMG_0989

トンネル内部です。本当にこういう色なのです。
明治時代の香りがするか?と言われるとよくわかりませんが、年代を感じさせるトンネルです。
IMG_1001

もう少し先に進むと暗い色になります。
IMG_1002

トンネル入口にスタンプ台があったので押してきました。
IMG_1005


トンネルを出た所です。
旧第二白坂トンネルまで1.5km程あるのですが、当初の予定通りここで折り返す事にしました。
IMG_1004

漆久保トンネルの手前を下ると小沢川橋梁を見ることができます。
IMG_0987

IMG_0991

小沢川橋梁。
IMG_0992


そして普寛、覚明像が漆久保トンネルの上にあるという事で見に行きました。
道が悪く落ち葉も多く滑って転んで落ちないよう、かなり慎重に行きました。
IMG_0996

少し上から漆久保トンネルを撮影。
IMG_0997


IMG_0999

普寛、覚明像。
木曽御嶽山の表参道、裏参道を開いたそうです。ここで御嶽山が出てくるとは・・・。
二体の像は道を通る旅人の安全を願って祀られたようです。
IMG_1000


明科駅に戻る途中、気になっていた東平庵に寄ってみました。
三五山トンネルからけやきの森自然公園に行く途中、ちょうど中間地点に東平の看板があります。
IMG_0963

その付近に、気になる看板が。
IMG_0965

ここを登って東平庵へ向かいました。
IMG_0964

想像していた雰囲気と違う・・・。
IMG_1007

炭火でお湯を沸かしています。ヤカンが格好良いです。
IMG_1011

インスタントですが珈琲を頂きました。
IMG_1012

大福帳も見せていただきました。記名はしませんでした。
IMG_1013

何をやられているのか分からなかったので聞いてみた所、名刺を頂きました。予約すれば灰おやきや手打ちうどんの体験ができるようです。
ふと気づいたのですが、東平庵に「ひがしだいら」とルビが振ってありますが、登って来る時の看板には東平庵で「とうへいあん」とルビが振られていたような気がしますが。どちらが正しいのでしょうか。
BlogPaint

ここで体験するのでしょうね。
IMG_1009


<最後に一言>
東平庵さんで平家の話をして下さったのですが、さも分かった体で相槌打ってましたが、全くわかっていませんでした。スミマセン。